読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての出来事はあなたからのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。ライフコーチのTomoです。魂の成長からの視点で、出来事を見ることで人生がどんどんかわっていきます。気付きと手放しのヒントをお伝えします。

撮られることでやっと分かった自分からのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。
すべての出来事はあなたからのメッセージ。
ライフコーチのTomo です。
 
 
 
私は写真が嫌いでした。
正確には、写真を撮られることが
大嫌いでした。
 
 
物心がついたときには
カメラを向けられると
大泣きしたり
拗ねて隠れたり
 
 
記念写真はいつもむくれていたので
小さい頃の写真は全然無くて、
いつしか親も写真を撮らなくなっていました。
 
なんか、寂しいけれど。
 
 
まん丸なあんパンみたいな顔立ち
絶望的に低い鼻
つぶらとは到底言えない小さい目
無口な口
何もかも父親と母親にそっくりでした。
あまりにも当然だけど。
 
 
美人とは反対の世界の住人でした。
 
 
自分のことを見つけないで欲しいと
思っていました、
つい最近までは。
 
 
 
自分を見つめるようになって
自分と仲直りをするようになって
思い込みのフィルターを外して
 
 
出来事を通じて自分を知り、
外に起きる出来事は、全部が大切な学びだと
感じるようになりました。
 
 
 
過去の大変な出来事も
自分を強くして、
人の言うままではなく、
自分の思う通りに生きていく学び。
 
 
 
不思議なことに、見えない力というのが
わたしが感動に包まれる気付きまで
用意してくれていました。
 
 
 
 
プロフィール写真を撮るために
写心家の喜島あやさんにお願いして、
自分を偽ることの無い写真を撮って貰いました。
 
 
 
相変わらずのあんパン顔
相変わらずの低い鼻
相変わらずの小さな目
そして少し緊張した笑顔
 
 
 
出来上がった笑顔のなかにも、
よく見ると悲しげな表情が混じっていたり、
気付かれまいと無理に笑ったり
していることに気が付きました。
 
 
 
写真と写真の間に垣間見える
頑張り過ぎてきた本当のわたしは
何を言いたいのだろう?
 
 
 
いままで本当に大変な出来事も
たくさん乗り越えて来ました。
 
 
もうだめだと思う出来事も
やっとの思いで乗り越えてきたんです。
 
 
 
そんな誰にもできないような体験を
乗り越えることを諦めてしまいそうになることも
あっただろうに、
諦めずいままで歩いていました。
 
 
 
そんな表情が、
あやさんが撮ってくれた写真に写っていたんです。
 
 
 
頑張ってきたことを
悲しみも乗り越えてきたことを
諦めずに生きてきたことを
 
 
 
そのことを
わたしは”わたし”に伝えるために
 
 
 
あやさんに出会うまでの
不思議な縁や出来事を
いくつか運んできてくれたんです。
 
 
 
写真に写る表情は、
シワがあるかもしれない。
シミがあるかもしれない。
勲章の傷かもしれない。
 
 
でもすべては自分が乗り越えてきた証し。
 
 
 
乗り越えることを諦めてしまっていたら
その勲章さえも嫌なものになってしまうのだろう。
 
 
乗り越える勇気を持たなかったら
自分のことも許せず
シミやシワも傷も
すべてを邪魔物にしてしまうのだろう。
 
 
 
 
 
撮影の最後の方では
メッセージを伝えきった満足からか
やっと可愛い自分がピョコンと出てきてくれました!
 
 
それがこの一枚なんです。
 
 

f:id:nishitomoyan:20170310210225j:plain

 

 

この撮影には
もうひとつの気付きの贈り物がありました。
続きはまた。
 
 
 
喜島あやさんの撮影は
自分からのメッセージを受け取るための
大切な時間が体感できます。
こちらからどうぞ!