読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての出来事はあなたからのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。ライフコーチのTomoです。魂の成長からの視点で、出来事を見ることで人生がどんどんかわっていきます。気付きと手放しのヒントをお伝えします。

大声で悪口を言うママたち

f:id:nishitomoyan:20170115222646j:plain

今日もお茶をしながらブログ書いてます。
 
 
出来るだけ静かなところで書きたいとは思うのですが、
そこは人の自由で、いろんな騒がしい人が現れます。
 
 
隣の席の子連れママ友2組
久しぶりに家庭から離れて
おやつを楽しんでいます。
 
 
 
子供たちはニコニコしておとなしく聞いています。
 
 
 
子供たちは静かだったので
こちらも穏やかにブログを書き進めていました。
 
 
 
、、、何故だかママたちに火が着く話題になったらしく、
店いっぱいに響く声で愚痴大会が始まりました。
それはそれは大きな声で、ゲラゲラ楽しそうに笑って
います。
 
 
 
耳を塞いでも丸聞こえな話題は、
おばあさん(義祖母)の介護あるある。
 
 
 
恥も外聞もなく曝しまくり、
子供の前で悪口をゲラゲラ楽しそうに吐きまくっていました。
 
 
 
多分、本人も夢中になっているので
声のボリュームが最大になっているのを気が付かないのでしょう。
店の中はママたちの声で会話やBGMが聞こえない状態でした。
 
 
 
かなり溜まっているのだなと思っていたので、
ただ通り雨のザワつきが過ぎるのを待っている感じでした。
ゲリラ豪雨が過ぎるのをカフェで待っている気分。
 
 
 
私の中で、何が引っ掛かりがあったのかというと、
ママたちの悪口の内容ではなくて、
それを傍らでおとなしく聞いている子どもたちのことでした。
 
 
 
ママたちの言葉と波動のシャワーを毎日浴びている。
 
 
 
ふと、以前体験した苦い思い出が横切りました。
 
 
 
 
Tomoの旦那さんの魂が帰ってしまった後、
久しぶりに息子くんのお稽古ごとに行ったとき、
 
 
 
ある子どもが走り寄ってきて、
開口一番、
「○○ちゃんのパパ何で死んじゃったの?
病気?ガン?どうして死んだの?病院でかな?」
 
 
 
そう、普段ママたちがうわさしている口調そのままで
ゲラゲラ楽しそうに聞いてきたのです。
 
 
 
もちろん、子どもは好奇心で
心から聞いてみたいと思ったのでしょう。
いつもママたちが臆測でうわさしているから
ホントの答えを聞いてママに教えたあげたいと思ったのでしょう。
 
 
 
だから、ママたちも子どもたちも責める気は
無いんです。
ただ、泥のついた土足で心に入り込まれたので
悲しさや悔しさや
訳のわからない感情で
涙がドッと溢れてしまいました。
 
 
 
それは今でもこの時の思いが甦り、
涙が溢れてしまいます。
 
 
 
小さいから話はわからないだろうと
油断してうわさ話や悪口を言っていると思いますが
子どもたちは全部聞いています。
 
 
 
ママたちの不調和な波動も
全部わかっています。
 
 
 
毎日接しているから
子どもたちは何も疑問も感じずに、
ママの悪口も誉め言葉も
みんなコピーしています。
 
 
 
ママたちには気を付けて欲しいとは思いますが、
本質はそこではなくて
自分自身はどう感じたか?
 
 
 
何が引っ掛かり
こだわっているのか?
 
 
 
 
ただ、こうしてこの出来事に
私はまだこだわりがあって
手放せていないところがあるのでしょう。
 
 
 
今まで隠してきた痛みの芯が残っていた。
痛いところを無理矢理こじ開けるようなことは
してほしくない部分が残っていた。
 
 
 
でも、その手のひらを開いてみないと
どんな痛みかも、どうやって乗り越えていけるかも
分からない。
 
 
 
私はカウンセラーやらアドバイザーに
無理矢理こじ開けられて、ますます閉じ籠ってしまった経験があるから
自分から手のひらを開けるまでに時間が掛かりました。
 
 
 
そのカウンセラーたちは
別に悪いわけじゃない。
喜んで通うクライアントもいるわけで。
 
 
無理矢理こじ開けようとして、
開けることができなかったカウンセラーは
皆さん口を揃えて、一言、
 
 
 
「あなたは変わりたくないんだね」
 
 
 
こんなショックなことを言われて
苦しさから脱出する方法を探していたのに
ますます苦しくなって、
息が出来ないくらいでした。
 
 
 
そう、外にばかり目を向けて
自分を見つめること、魂の成長のことには
目が向いていなかったのです。
 
 
 
誰も自分を自分で見つめることを
教えてくれなかった。
教えてくれる人には出会うチャンスも
なかなかなかった。
 
 
 
今思えば、それも
必然的なことで、
 
 
 
自分を見つめることに
自ら進んで行く方向に仕向けられていたのです。
 
 
 
それだけのことに
宇宙というものは
いろいろなイベントを放り込んできます。
 
 
 
私のコーチングの師匠は
いつでも人生のクリエイターで
いつからでも何歳からでも
どんな人にも一人残らず例外無く
魂を成長させて人生を変えていける、
貢献することが人生のクリエイトしていく仕組みだと
教えてくれました。
 
 
 
 
 
いかがでしょうか?
共に魂を成長させて、
貢献する喜びを感じてみませんか?
 

 

f:id:nishitomoyan:20170118203156j:plain