読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての出来事はあなたからのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。ライフコーチのTomoです。魂の成長からの視点で、出来事を見ることで人生がどんどんかわっていきます。気付きと手放しのヒントをお伝えします。

実はファッションだけじゃないのよ、それ。

学園祭シーズン。

 

友人の娘さんの高校の学園祭に
連れていかれることとなった。

 

f:id:nishitomoyan:20160922151942j:plain

 

懐かしいなあ~
公立高校の学園祭のカオスな感じ。

 

 

うわっ!

違和感ハンパない

 

f:id:nishitomoyan:20160922152155j:plain

 

( ゚д゚)ハッ!

女の子がみんな化粧してる!!

 

 

いや、化粧のレベルが娼婦だよ。(外国の友だち談)

外国でその化粧はコールガールだよって

びっくりしていた。

 


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

友人と一緒に挙動不審者見たいに

キョロっちゃたよ。

 

 

真っ赤な口紅

大袈裟なチーク


男の子が後ろから抱っこしてる。

もろ胸に手があるー‼(((((((・・;)

 

ハーレム状態!!!!

 

 

 

いかん、人にレッテル張りやジャッジは止めよう、、、

 

ヘアスタイルとお化粧がかわいいね、と言ってあげたら

めちゃ喜んでいたけど。

 

 

びっくりしたんだよおヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!

 

どうしてこんなにケバいの?(´・ω・`)

おばちゃん、ちょっと考えちゃったよ。

 

 

なんでかなー?

なんでかなー?

 

 

外見を派手にすることで

彼女たちには何の得があるのだろう?

 

 

みんな同じような化粧でさ、

並ぶと誰だか見分けがつかないんよ。

(おばちゃんはみんな同じ顔に見えちゃうのよ。)

 

 

て こ と は、

別に個性的であることを競っているわけではないようです。

 

 

外見が派手だと

自分の内面を見せなくていいってこと。

 

 

とりあえず、人は外見を見てくれるので

不安な心を悟られることがないのですよ。

 

 

不安で小鳥のように震える内面を

 

気にされなくて

触れられることもなく、

 

 

寂しい気分は男の子が適当にもてあそんでくれるから

 

 

あの男子はカッコいいだとか

あいつは○○ちゃんのこと好きみたいだよとか

フラれたから死にたいーとか

とか

 

 

 

不安な心を他の面倒くさい問題にすり替えている。

 

 

自分と正直に向き合うことを恐れて

面倒くさくて、頑張っちゃうことにすり替えている。

 

少し前にね、

やっぱり外見が変な男の子に出会ったんだけど、

その子はファッションを勉強しているって言ってた。

 

 

コートを裏返しに着て

個性をアピールしているみたいなの。

 

 

初めは、変わったのが好きなんだな

個性的ですねと言われて当然の顔をしてんな

と、思っていたのよ。(まだジャッジのくせが抜けていない頃ね┐(´∀`)┌)

 

 

 

気がついちゃった。

 

ファッションの勉強して、自分で服を作れるのに

何ゆえに既成のコートをただ裏返しに着ているのか。

 

 

個性にこだわるなら

裏返しにしたみたいな感じの

個性的なコートを作ればいいじゃん

って、思ったのよ。

 

 

既成を裏返すだけならファッションの勉強いらないじゃん。

 

 

自分に向き合うことを恐れて

外見を変に見せてたのかもしれない。

 

 

オレ、誰にも理解されなくていいっす。

個性あるから誰もオレのこと理解できないと思うし。

無理して「理解できるよ」なんて言って欲しくないし。

 

 

自分が自分のことを理解しようとしなくていいように

個性的風な?ファッションに逃げているんです。

 

 

自分と対話したら、

ほんとの個性に合ったファッションができるんじゃないかな。

 

 

 

でね、

落とし穴はここからなの。

 

 

男の子や女の子がしていた化粧や行動は

ホントは関係ないの。

 

それに引っかかった自分に

隠しているものがあるってこと。

 

 

開けたくなくて隠して持っていた

フタを開けるタイミングなのよ。

 

 

どうしてそんな風に感じたのか?

 

 

そんな恰好をして

(私はやったことがないのに)

 

そんな行動をして

(やっちゃいけないという物差しをもっているのに)

 

人からどう見られているか

(めちゃくちゃ人の目を気にしている)

 

すごーく気になる

すごーく気になる

 

 

だから、

自由にケバい化粧して

ハーレムも気にしてなくて

裏返しのコートを着る勇気があって

 

 

そんな人たちがいると

イライラしたり

批判して自分を正当化したくなる

 

 

あ、また正当化したい自分が顔を出したねって、

 

そんな物差しを持っていたねって、

 

 

自分を認めてあげて。

 

 

責めるんじゃなくて

認めてあげる。

 

 

固く閉まっていたフタを

緩めた瞬間に

 

 

許しの感情が湧き上がる。

 

 

その感情を味わってね。

 

 

f:id:nishitomoyan:20160922194404j:plain

 

 

自分を知るには人の中に入ろう