読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての出来事はあなたからのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。ライフコーチのTomoです。魂の成長からの視点で、出来事を見ることで人生がどんどんかわっていきます。気付きと手放しのヒントをお伝えします。

亡くなった父と仲直りする方法

f:id:nishitomoyan:20160817122404j:plain

 

突然だけど

父親の夢を見ました。

 

私が25の時に亡くなって以来

夢に出てきたのは初めて

 

 

父親

 

大工さん

汗臭くて泥臭い

太くてごつごつした職人の手

朝早く起きて、夜は酒盛り

声が大きくてデリカシーが無い

あんまり家族としゃべらない

とにかくお酒で暴れる

怖い

帰って来るのがこわい

しゃべるのがこわい

頼みごとをするのがこわい

存在がこわい

 

小さな子どもにとって

存在そのものがこわいという印象でした。

 

 

 

父は渓流で釣りをするのが好きで

日曜日に何回か釣りに付いて行ったことがあるのですが

 

 

釣りに夢中なので、

子供なんて眼中にないわけです。

 

 

けっこう流れのキツイ岩場に

何時間もほっとかれるんですよ。

f:id:nishitomoyan:20160817113434j:plain

放流中のダムの下とか、、、

めちゃくちゃでした。

 

 

別に虐待ではないですよ。

自然が大好きでしたし、

渓流の音は気持ち良かったですから。

 

 

 

めちゃくちゃで、

すぐ怒って怖くて、

私のやることをぜーんぶ否定されてて、

褒められたこと無くて、、、、

 

 

ホントに怖かったんです。

 

 

 

もしも、私が死んだときに

あの世からお迎えに来るときに

お父さんが迎えに来ちゃったら

どうしよう、、、、、

 

顔を合わせたくないな。

知らない親戚の人が迎えに来るといいな。

 

お父さんが来たら

生き返っちゃおうかな(笑)

 

 

バカなことずうーーっと

気にしてたのよ。

 

 

 

そして最近、

私が仕事がキツくて

過労気味になった時がありまして、

 

一日お休みをして

心を落ち着けていた時に

 

ふと、亡くなった父親のイメージが出てきたんです。

 

 

おとーさん、

いつも体力勝負のお仕事していたな。

疲れていても誰も労ってあげてなかった。

 

 

仕事が好きだったら、毎晩お酒飲まないで

次の日に備えて寝るはずなのに、

夜中まで飲んでいるなんて

嫌々生活のためにお仕事をしていたのかな

 

 

農家の生まれで、たくさんの兄弟の末っ子だったから、

農家を離れて、手に職を持つために

大工さんになったのかな

 

 

本当は大工さんにあこがれていたわけでは

無かったかな

 

 

やりたくないけれど

高度経済成長の時は家をたくさん

建てる必要があったので

食うことには困らないくらい忙しい職業で、

家族に薦められたのかな

 

 

怪我しても自己責任で

保証も出なくて

不安がいっぱいだったのかな

 

 

意見を言ったりするの

不器用そうだったからな。

 

 

だからお酒飲んで、

八つ当たりみたいに怒っていたのかな?

 

 

 

なんて、頭をよぎったのです。

 

 

 

 

そしたら、そしたらね

 

今の自分の状況と似ているところが

ある気がして、

 

なんだか怖いイメージが薄れていたの。

 

 

仕事きつかったよね。

ホントにやりたい仕事じゃないよね。

生活が掛かっているものね。

弱音を吐いたところでそうそう休めないしね。

疲れても「疲れた―」って言える所がないよね。

本音を言うの苦手だよね。

、、、、

 

共通点はたくさんある。

 

 

私がお父さんを許すなんて

上から目線で言ったら傲慢に聞こえるだろう。

 

 

でも、でも、

許すことができたら、

 

ホッとして、

うるっとして、

ほんわかして、

 

許すってこんな感覚なのか

ぼーぜんとした。

 

 

 

夢で出てきた父親

花咲く草原の向こうから走ってきて、

 

 

「おーい!

こんなところにいたのかあ!!!

ずっと探していたんだぞ!

 

見つかって本当に安心したよ」

 

 

そして今までされたことのないくらい

優しく、力強く、

もう離さないよという感じで

抱きしめられた。

 

 とてもいいにおいがした。

 

 

 

、、、もう、あの世のお迎えに

お父さんが来ても

 

逃げ出したくはならないよ。

 

 

会える時を楽しみにしているね。

 

 

 

 

 

 Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008258612906

 

 

f:id:nishitomoyan:20160812212002j:plain

 これでも許せると言うのか、、、、ぐぬぬ、、、