読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての出来事はあなたからのメッセージ

前に踏み出すあなたの力になりたい。ライフコーチのTomoです。魂の成長からの視点で、出来事を見ることで人生がどんどんかわっていきます。気付きと手放しのヒントをお伝えします。

そんなになるまでほっといてん?なんなん?開ける前から想像つくわ!

ちゃんと自分に向き合うっていうのは

もうサビついちゃった、開けたくても

開かないビンのフタを

 

えいっ!

 

って、開けるみたいなものなの。

 

開けたくなくて、ほっといたら

中味が腐っててさ、

 

「うわっ!くさっ!」

 

って、自分が開けたくなくて見て見ぬふりをしていた

隠しておいたビンね。

 

それを覚悟して、勇気を出して

 

えいっ! 

 

もうそりゃ くさいよ。

 

だって何年も何十年も(人によっては何百年もw)

見たくなくて隠しておいたんだもの

 

f:id:nishitomoyan:20160812211914j:plain

そんなになるまでほっといてん?なんなん?開ける前から想像つくわ!あほなん?

 

 

チーズならいいよね

ワインの熟成とか

 

でもね

自分のドロドロした感情で作ってんだから

チーズなわけないでしょ。

 

そのドロドロに臭くなっちゃったビンを開けて

その時の、フタをした時の感情に

 

「ああ、なんだこんな感情を抱いていたんだ、わたし」

気づいたら、後は簡単にくるんとフタが回るようになる。

 

その時の自分を批判やジャッジで貶めることなく、

 

悲しかったんだ

怖かったんだ

怒っていたんだ

寂しかったんだ

それを

 

嬉しい

楽しい

笑える

満足

 

とかにしてあげるために

ジャッジしないで

「へー、そうだったんだ、わたし」

って受け止めてあげて。

 

フタを開けるときは

ちょっと痛いよ。

 

なかなか開かないかもしれない。

だって隠していたんだもん。

 

人の助けもいるよね。

そのフタを開けたことのある人の。

 

フタを開けたことのない人に相談しても

ますます開かなくなる時もあるよ。

 

だって、病気をしたことの無い医者の本を読むより、

苦しい思いをして病気を克服した人の本を選ぶよね。

 

ジャッジや批判が大好きな人にだけは

話さない方がいいな、と思う。

 

セルフで開けるのも時間が掛かる。

 

基本、開けたくなかったんだもん。

セルフで開けようとしても、

「うーん、開かない。またしまっとこう。

時間ある時に開ければいいや。」

 

なるよね。

 

Tomoもそうだった。

開けたつもりで、また固く閉めちゃったこともある。

 

ホントに

「そんなんになるまでほっといてん?

馬鹿なの?あほなの?」

 

 

 

「ちゃんと自分と向き合おう」